MOTTAINAIが選んだワクワク未来なエコニュース

地域のために必要なものは、みんなで一緒につくろう。DIYな街、デトロイトで行われている食事会「Detroit SOUP」のその後

最近いろんなところでよく耳にするDIY。必要なものは自分でつくり出すという精神。それを街全体で行うと、どんな素敵な出会いが生まれるのでしょう?

(2015.07.02)

続きを読む


丈夫でスタイリッシュな家具をつくるには、アップサイクルが一番!?飛行機の廃棄部品で生まれる「MotoArt」の家具たち

いつものオフィス、いつもの部屋。

少しマンネリを感じているときに家具を変えてみると、新鮮な気持ちになることはありませんか?

先進的なデザインだけど、実用的でさらにはエコな家具を提供している会社はいくつかありますが、その中でも今回紹介する南カリフォルニアの会社「MotoArt」は、ある巨大なあるモノの一部分を再利用して家具をつくり注目を浴びています。

(2015.06.25)

続きを読む


「娘のために馬の絵を書いてください」病院通いの少女を元気にした、Facebook発のチャリティプロジェクト「Horses for Lex」

そろそろ夏休みの思い出を整理して、Facebookにアップしようと思っている方も多いのでは? この時期は、たくさんの「いいね!」が生まれる季節でもありますよね。

(2015.06.18)

続きを読む


都会の中心に巨大ミツバチの巣が登場!ノルウェー発、建築家集団がつくったパブリックアートとしての蜂の巣「Vulkan Bee Garden」

「え? 都会のど真ん中に蜂の巣?!」

もし、都会の街中に蜂の巣ができたら、こんな反応をする人がいるのではないでしょうか。危ない?こわい?なんのために?最初はみなさん、はてなだらけかもしれません。

(2015.06.11)

続きを読む


3Dプリンター製カートで元気に散歩しよう!世界中の人が応援した、生まれつき前足のないチワワTurboRooちゃん

愛する犬が無邪気に走り回る姿を見ているだけでも、飼い主は元気をもらえるもの。でも、世界には走り回れないワンちゃんもいます。アメリカのインディアナ州で暮らしている、前足のないチワワ「TurboRoo(以下、タボルー)」もそのひとり(?)。

(2015.06.04)

続きを読む


バス停が地域をつなぐラウンジに!ボルチモアに登場した、街を変える巨大なタイポグラフィー「BUS STOP」

みなさんはバス停というとどんなイメージがありますか?

(2015.05.28)

続きを読む


ドビーの声で注文したら10%OFF!?ロサンゼルス発、”ものまね割引あり”のカフェレストラン「Not a Burger Stand」

おしゃれなカフェに入って、難しいカタカナの商品名を注文するとき、ちょっと緊張しちゃう…ということはありませんか? そういう私も、そうこうしているうち、真夏なのにほうじ茶ラテのホットを注文してしまった、ということがありました。

(2015.05.21)

続きを読む


ビクトリア朝時代のサステナブルな知恵を現代に!スコットランドでマイクロ水力発電による”オフグリッド植物園”が実現!

植物園や自然公園など、自然や緑を楽しむ施設が身近にあるのは幸せなことです。一方で、施設を運営していくには電力が不可欠であり、普通は電線で外部から供給を受けています。

(2015.05.14)

続きを読む


ひとつのシェイクが世界を変える!?アフリカの子どもたちにエネルギーとハッピーを届ける”発電パーカッション”「SPARK」

「音楽を楽しむ風景には、エネルギーにあふれている!」ということで、これまでも「HUMAN POWERED DJ」のような人力発電プロジェクトを紹介してきましたが、今回ご紹介するのは”発電できるパーカッション”です。

(2015.05.07)

続きを読む


“食べられるアルファベット”で、楽しくことばを学ぼう!デザイナーの父から娘へのプレゼント「A to Zoë」

みなさんは昔、どうやって「あいうえお」を覚えましたか?家族と一緒に遊びながら、絵本やカルタで覚えたという方も多いかもしれません。今回はあるお父さんが娘のためにつくった、”食べられるアルファベット”をご紹介します。

カリフォルニアに住むデザイナーのTommy Perezさん(以下、トミーさん) は、2歳の娘のZoëちゃん(以下、ゾーイちゃん)のために、「A to Zoë」というプロジェクトを始めました。

(2015.04.30)

続きを読む