MOTTAINAIが選んだワクワク未来なエコニュース

大切な人の死としっかり向き合い、乗り越えていくために。幼い子どもとその家族のための”グリーフケア”ツール「Nino’s Mourning Toolbox」

愛する人を失うことは、誰もが経験することです。では幼い子どもたちが大切な人の死に直面したとき、その悲しみを乗りこえるにはどうしたらいいのでしょうか。

今回は、4歳から12歳までの子どもたちとその家族が大切な人の死を理解し、乗りこえること(グリーフケア)をサポートする「Nino’s Mourning Toolbox」をご紹介します。

(2015.03.26)

続きを読む


DIYでマイクロ水力発電できちゃった!南米チリの山奥で、オフグリッドな楽園暮らしを目指す男の挑戦とは

自然エネルギーというと、太陽光や風力が真っ先に思い浮かぶと思いますが、”マイクロ水力発電”はご存じですか?

(2015.03.19)

続きを読む


自慢の景色を、地元の人が見つめ直すきっかけづくり!ケープタウンのソーシャル写真プロジェクト「Table Mountain Frames」

みなさんの地元には、どんな自慢の景色がありますか?

(2015.03.12)

続きを読む


畑でヨガしてみませんか?ニューヨーク発、農業を学びながら心もカラダも癒される「Farm to Yoga」

いまや女性だけでなく男性にも大人気のヨガ。海岸や山の上や公園など、アウトドアでヨガをするツアーなどもありますが、今回はなんと農園でヨガをするというニューヨークの「Farm to Yoga」をご紹介します。

発起人のAbby Palomaさん(以下アビーさん)は、自分の身体や気持ちの状態に気づくための”こころのエクササイズ”として、欧米で実践されているストレス解消法「マインドフルネス」のメカニズムを大学で研究したあと、ヨガを教える仕事をしていました。

farmtoyoga2.jpg

健康志向からオーガニックの野菜を摂るなど、食事にも気をつかっていたアビーさん。あるとき「遠く離れた場所のものを食べていることが本当に良いことなのか」を疑問に思い、自分でも小さなオーガニック農園を始めることにします。

そして、せっかくならヨガをしながら食について学べる場にしようということで、Farm to Yogaをはじめたのです。

farmtoyoga6.jpg

farmtoyoga4.jpg

プログラムはまず、野菜やハーブの畑、花の庭園などをまわり、野菜がどうやって育つのか、どんな種類があるのかを学ぶツアーから始まります。そのあとは、たくさんの植物に囲まれて、心地よい音楽を聞きながらヨガを。とっても気持ち良さそうですね!

ヨガのあとは、とれたての新鮮な野菜を食材にディナー会を開催。地元の料理愛好家やシェフとコラボレーションし、おいしそうな食事が並びます。

ヨガという言葉は、サンクリット語で”融合”や”結合”という意味を持っており、すべての生きものと相互的に結合する行為だと言われています。食べることも、食べものと結合すること。ヨガと食事にはそんな共通点があるんですね。

farmtoyoga3.jpg

farmtoyoga5.jpg


「ひとりひとりの健康状態が、みんなが集まったときの健康状態となります。私たちの取り組みは、地域全体の健康をつくりだすものだと思っているんです。そして、その先に地球の健康がある。問題を解決するこたえは、私たちひとりひとりの中にあるのです。」

土や植物に触れることがからだと心を癒す効果があることから、農業を通して精神病・高齢者の方のリハビリや退役軍人の方をケアする「農業療法」も注目されています。

私たちが自分のからだと心と向き合うことが、地域の健康や環境の問題を解決する第一歩となるのかもしれませんね。あなたもお家の近くの畑で、農業しながらヨガしてみませんか?

(2015.03.05)

続きを読む


地域ぐるみでホームレスの人たちをサポート!地元のゴミをアップサイクルして、素敵なタイニーハウスをつくる「homeless homes project」

みなさんは手作りのものをプレゼントしたことありますか?一生懸命つくったプレゼントで喜んでもらえたとき、何にもかえがたい気持ちになりますよね。今回は、ホームレスの人たちに素敵なタイニーハウスをプレゼントする、カリフォルニア州オークランドの「homeless homes project」をご紹介します。

(2015.02.26)

続きを読む


自分のためにオレガノを、おじいちゃんのために薬草を!子どもに”土地を任せる”ことで環境意識を育む「Children’s Land」

初めて補助輪なしで自転車に乗った日を覚えていますか?「まっすぐ前を見て」「肩の力を抜いて」「漕ぐ足をとめないで」―。おそらく誰も練習なしに乗れた人はいません。では、土地の管理は?

私たちがこの地球の未来を託していく子どもたちに、「じゃ、地球をどうすればいいの?」と聞かれたとして、もしかするとその方法はきちんと伝えてはいないかもしれません。

(2015.02.19)

続きを読む


3,000円で風力発電できちゃった!?ひとりの発明家が考案したオープンソースなマイクロ風車プロジェクト

家庭でエネルギーをつくろうと思ったら、太陽光パネルを想像する人が多いかもしれません。では、もし3,000円で風力発電できるとしたら、挑戦してみたいと思いませんか?

今回はひとりの発明家が考案した、手づくり&安上がりに風力発電を始める方法をご紹介します。

(2015.02.12)

続きを読む


下着が変われば、世界は変わる?コロンビアのシングルマザーを支援する、ちょっと贅沢なランジェリーブランド「Naja」

毎日欠かさず身に付けるアンダーウェア。お気に入りのものを買うときに、みなさんはどんな点を重視していますか?

(2015.02.05)

続きを読む


愛する人との最期の瞬間に、誰もが立ち会えるように。末期ガン患者の家族ためにマイルを寄付する仕組み「The Extra Mile」

いつもは離れて暮らしていても、大切な人の最期の瞬間には立ち会いたい…それは誰もが抱く自然な思いです。とはいえ経済的に余裕がなく、その場に立ち会えなかったという人もいるかもしれません。

少しでもそんな困っている人を減らしたい。その想いから始まったのが、末期ガン患者の家族に飛行機のマイルを提供する「The Extra Mile」というプロジェクトです。

(2015.01.29)

続きを読む


“量り売りでゴミゼロ”は世界のスタンダードに?ドイツ発、”包装しないこと”が売りのスーパーマーケット「Original Unpacked」

一昔前は当たり前だった”量り売り”、最近はあまり見なくなりました。スーパーに行けば、肉でも魚でも、ひとつのパッケージで買うのがあたりまえ。必要以上に買って、ゴミが増えてしまった…という経験がある方も少ないないのではないでしょうか。

(2015.01.22)

続きを読む