キッザニア東京・エコショップで自分だけのオリジナルエコグッズを作ろう!!2012年4月1日オープン!!エコショップに参加するとケニアに木が増えるよ!!

エコショップの体感レポート!!~マイはしを作ろう~


  • 1,お店に入ると…
  • 矢印
  • 2,着替え
  • 3,好きなマークや文字をえらぼう
  • 日本の「イチイ」という木でつくられているよ。
  • 矢印
  • 4,機械でマイはしにマークや文字をほるよ
  • 矢印
  • 5,やすりを使って、マイはしをけずろう!!
  • 使いやすいようにきれいに仕上げてね
  • 矢印
  • 6,オリジナルのマイはし完成!!
  • お手入れをしながら、長く大切に使ってね。
  • Elephant
  • Girl
  • Giraffe

エコショップに参加すると、ケニアに木が増えるよ。


子ども1人がアクティビティに参加するごとに苗木1本分の費用が、「MOTTAINAIキャンペーン」の提唱者ワンガリ・マータイさん(1940-2011)が創設したケニアの植林活動である「グリーンベルト運動」に寄贈されます。この取組みを通じて、参加する子どもたちに、世界の環境問題についても身近に感じてもらい、「自ら参加する」といった意識を持つことができます。

kenya01kenya02 kenya03kenya04kenya05kenya06kenya07kenya08kenya09kenya10
ケニア地図

2012年の結果と現地スタッフのVTRメッセージ

2012年4月~2013年3月の期間、エコショップの参加者は約3万人にのぼり、約3万本の苗木分の費用が、ケニアの植林活動『グリーンベルト運動』に寄付されました。

ITOCHU

伊藤忠商事は、「次世代育成」と「環境保全」を社会貢献活動基本方針の中に掲げ、CSR活動の一貫として推進しています。「キッザニア東京」への出展を通じて、グローバルな視点で環境保全について楽しく学べる場を提供し、持続可能な社会を担う青少年の育成を目指しています。また、2005年より参画するMOTTAINAIキャンペーンを通じてReduce(ゴミ削減)、Reuse(再利用)、Recycle(再資源化)とかけがえのない地球資源に対するRespect(尊敬の念)が込められている言葉「もったいない」を、環境を守る国際語「MOTTAINAI」とし、持続可能な循環型社会の構築を目指します。