MOTTAINAIのあゆみ

企業対抗!MOTTAINAI富士山ゴミ拾い大会'12レポート

毎年恒例 "企業対抗!MOTTAINAI富士山ゴミ拾い大会"は、会議室で環境問題を語るだけではなく、MOTTAINAI賛同企業様の社員の皆様が体を使ってゴミを拾う!汗を流してゴミの量と質を競う!というイベント。今年で7回目の実施となり、14社、104名が参加しました。
今年も静岡県富士市田子の浦海岸での清掃活動を行い、ゴミ袋約230袋、タイヤ、電子レンジ、燃料タンク、ガスボンベ、有刺鉄線など、1.5tトラック約2.5台分のゴミを集めました。
一面ゴミだらけだった海岸が、大会終了後は見違えるようにキレイになり、活動中の参加者の笑顔や汗がとても印象的で、素晴らしい大会になりました。

日時 2012年10月20日(土)
場所 静岡県富士市田子の浦海岸
参加企業数 14社
参加人数 104名
ゴミ総重量 1.5tトラック約2.5台分(ゴミ袋約230袋、タイヤ、電子レンジ、燃料タンク、ガスボンベ、有刺鉄線など、他多数)
審査員 ハセベケン(NPO法人greenbird代表、MOTTAINAI Lab研究員
審査員 ルー大柴(タレント、MOTTAINAI Lab研究員
協力 NPO法人富士山クラブ レポート

拾ったごみの量だけでなく中身の充実さや取り組みの熱心さなどを基準に審査員が受賞チームを決定。

レポート写真
レポート写真
レポート写真

  • 「MOTTAINAI大賞」株式会社ヌーヴ・エイ TICTAC事業部
    チーム5人お揃いのオレンジ色Tシャツに手作りニット帽で参加。5人という少数チームでしたが全員で協力しあい、ゴミの量、質(ガスボンベ、ビデオテープ、有刺鉄線など)、すべてにおいて素晴らしい活躍を見せてくれました。
  • 「優秀賞」伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(1)
    素晴らしいチームワークで大会開始早々、入口付近のゴミを徹底的に拾い、危険物のガソリンタンクを発見。拾ったゴミ量は参加チームで一番多い30袋+ガソリンタンクでした。
  • 「MVP賞」江島富士夫さん(伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(1))
    チームの中心的役割として大活躍。良い汗をかきながら楽しみながらゴミ拾いをしていました。5年連続で出場し、初受賞となりました。
  • 「MVP賞」鼈宮谷千尋さん(株式会社プラップジャパン)
    初参加でしたが、一人黙々と静かに頑張ってゴミ拾いをしていた姿が印象的でした。
  • 「Together賞」伊藤忠商事株式会社・伊藤忠インタラクティブ株式会社合同チーム
    7年間出場し続けて、初の受賞。拾ったゴミを一ヵ所に集め、フリーマーケットのようにキレイに並べて分別するという、チーム独特のゴミ拾い方法で楽しんでいました。
  • 「Enjoy Clean賞」立巳物産株式会社
    ゴミ拾い大会皆勤賞で初めて賞を受賞。しっかり者の女性社員とお調子者の男性社員というチームでしたが、隠れて見えないゴミや、細かなゴミまでしっかりと拾っていました。
  • 「greenbird賞」アラクサラネットワークス株式会社
    社長を筆頭にお揃いの手ぬぐいを頭に巻き、海辺の端から端まで、チーム全員で協力しながら掃除している姿が印象的でした。
  • 「看板賞」すきあいたいヤバイ
    ゴミに埋もれ、枯れ木の中に倒れていた富士市の注意事項看板を見つけ出し、元通りに立て直し、ゴミ拾いだけではない活躍を評価。
  • 「芝生でランチ賞」株式会社ジェーシービー
    とても個性的な若いメンバーが集まり参加。草むらの中から電子レンジを見つけたり、声を出し合いながらゴミ拾いを楽しんでいました。大会前のランチの時から、チーム内で楽しそうにしている様子が印象的でした。
  • 「縁の下の力持ち賞」シナジーマーケティング株式会社
    他チームが審査員に猛アピールする中、3人で静かに黙々とゴミ拾い。取ることが面倒な小さなゴミを取っていました。
  • 「藪からスティック賞」富岡弘子さん(リサイクルブティックwith you)
    とても素敵なデザインのバッグを持ちながら掃除をしていたということで、ルー大柴さんが賞を決定。

レポート写真レポート写真レポート写真レポート写真レポート写真レポート写真レポート写真レポート写真
レポート写真レポート写真レポート写真レポート写真レポート写真レポート写真レポート写真レポート写真
レポート写真レポート写真レポート写真レポート写真レポート写真レポート写真レポート写真レポート写真
レポート写真レポート写真レポート写真レポート写真レポート写真レポート写真レポート写真レポート写真
※クリックすると拡大します

参加者リスト